ビデオテープが捨てられないけれど

昔、小劇団のお芝居に通っていた時期がありました。

今も機会があればチョコチョコと観に行っていますが、あの頃の勢いがあった作品を再び観ることはなかなか叶いません。

たまに新キャストで再演してくれることがあったり、デジタル配信されたりして観られると、本当に嬉しいものです。

当時は会場で予約してビデオを通信販売したりしていました。

大好きだったあの劇団ももう解散して、それを再度手に入れる方法はありません。

ビデオテープをDVDへ焼き直したりすれば良いのかもしれませんが、我が家にはそのための機器がありません。

カメラ屋さんなどでやっているサービスは、ホームビデオのデジタル化。

版権などの関係で、購入したビデオは焼き直すことが出来ない様子です。

かさばるビデオですが、もうこれを失うと二度と観ることができないと思います。

VHSのデッキもこれが壊れてしまったらもう手に入らないかもしれない。

今、まだ再生できるうちに何か対策をしなければ、テープも傷んでしまうかもしれません。

ビデオテープ数本のために、デジタル化の機器を買うべきか、迷い続けてもう数年。

諦めるにせよ機器を買うにせよ、思い切りはなかなか付きそうにありません。http://スタッカー通販.com/