黙ったまま誰かが気付くのを待つ人

トイレットペーパーを使い終わってしまった場合、次の人のために新しいものを入れておく、というのは今まで当たり前のことだと思っていました。

しかし中にはそうではない人もいるようです。

場合によっては、自分が最後にならないように、少しだけ残しておくという人もいます。

そこまでして交換をすることが嫌なのでしょうか?

ちょっと不思議に感じてしまいます。

誰かが気付いて交換をしてくれるのをひたすら待っている人もいます。

自分で交換をしたほうが圧倒的に早いのに、何故そこまで拒否するのでしょうか?

不思議でならないのです。

自分からは動かず、誰かにやってもらうのを待つというのは、卑怯な行動なんだと思いますし、故意に行っているのであれば、不愉快です。

自分で最後で在庫もそろそろなくなる、というのであれば、ひと言言ってくれればそれで済むのに、黙ったままでいる人が職場にいるので、困っています。

そういう人は自分では発注をしないので、他の人が困ります。

何故、迷惑だということが分からないのかも不思議です。xn--eckxcuaz2mub2158im0f.com